看護学生の定期テストの乗り越え方[綺麗事なし]

こんにちは、リサです。

看護学生にとって大変なのは実習ってイメージが強いですが、定期試験もまた違った意味で大変ですよね💦

私は特に頭がいい方でもないので色々工夫して学生時代は何とかテストを乗り越えていました。

今回は看護学生へ向けて、定期テストの上手な乗り越え方を解説したいと思います。

参考にして頂けたら嬉しいです✨

賢いテストの乗り越え方

5つほどご紹介します。

早めにテスト勉強を始める

まずは大前提として、早めにテスト勉強を始めるようにしましょう。

テスト前になるとレポートの期限が迫ってきたり、テスト前だという焦りでなかなか集中しきれない状態になってくると思います。

毎回毎回授業の復習をするのが一番いいのかも知れませんが、それも忙しくてなかなか大変だと思うので、せめてテスト1ヶ月前くらいからボチボチ勉強し始めることをオススメします。

過去問を入手する

過去問があるのとないのとでは、試験の難易度が桁違いに違います。

テスト前になったら、どの科目も学年の間で過去問が出回ることが多いですので自分の人脈を駆使して、何とか過去問を手に入れましょう。

普段中の良い友達が過去問を手に入れていればいいですが、そうでない場合は勇気をだして、普段一緒に入る訳じゃないけど話したことがある、なんて人に声を掛けてみるのもいいかもしれません。

私が学生の頃はクラスみんな助け合い精神で、あまり話したことのない人も持っていればすんなり見せてくれましたよ。

テストが近くなったら講義で寝ない

講義は基本的に全て起きているべきだとは思いますが、どうしても疲れていたりして眠ってしまうことありますよね💦

私もさはしょっちゅう寝てしまっていました😅

ですが、テスト前の講義は少し頑張ってなるべく起きているようにしてください。

なぜなら、先生がテストについて重要なことを話す確率が高いからです。

私の行っていた学校ではテストで出る問題をそのまま教えてくれる先生もいました。

必ずそういった先生がいるとは言いきれませんが、どちらにせよテストが近づいて来るとテストに有益な情報を先生が話すことは多くなります。

そんな時には寝てしまっていて情報が手に入らなかったなんてことになったらもったいないですよね💦

テスト前の講義はできるだけしっかりと聞くようにしましょう。

休み時間は友達と勉強し合う

テストが近くなってきたら、休み時間にテストの範囲で問題を出し合いっこしたり、家で勉強していて分からなかったところを教えてもらったりするのがいいと思います。

友達との会話から自分が今どのくらい理解できているのが、勉強不足なのはどこなのかなどといったことが分かるようになります。

そして家に帰って不足していた部分を復習するようにしたら、テスト範囲の隅々まで勉強が進みます。

(自分では完璧に勉強したと思っていても、意外と不足している部分はあるものです。)

しかし、1つだけ注意点があります。

友達との勉強を時間を作ってやるのはオススメしません

なぜかというと、効率が悪いからです。

看護学生のテスト科目は、暗記が中心です。暗記というのは数学などと違って、教えてもらって勉強を進めて行くものではありません。基本的に一人で覚えるものです。

自分の理解の確認のために休み時間に友達と勉強するのはいいと思いますが、暗記するのに友達と集まっていては、途中で話してしまったり集中が続かなかったりとあまりメリットは無いと思います。

ですので、勉強という名目で時間を潰してしまわないためにも友達と勉強のために集まるのはやめましょう。

終わりに

いかがだったでしょうか。

今回は私が特に重要だと思うポイントをまとめてお話ししました。

看護学生のテスト期間はとても大変だと思います。

ですが、私に乗り越えられたので皆さんも乗り越えられると思います。

上記の内容を参考にして、賢く定期試験をクリアしていきましょう✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です